ホンネとタテマエ文化撲滅運動②ブラジル人の私から見て日本の”ママ友文化”について

最近、”ママ友”というワードが気になるKaroです!


とういうのは、私がLINE@でいただく相談のほとんどが、「人間関係」の悩みが多くて、


友達と話していても、やはり人間関係の話になる。


人の悩みの大半は、人間関係だったりするじゃないですか。


で、そんなことを考えていたら、ブラジル人の私にとって日本の人間関係で不思議って思うことが多々あって、その中でも本当に7不思議に認定されるのが、ママ友なんです。


で、「ママ友とは」とググってみるとまずいいことがあんまり書いてない。


一番トップに上がる情報がこちらですww




ママ友(ママとも)とは友達付き合いの形態の一つ。これは幼い子供の母親であることを共通としてできた母親同士という形の友達である。主な場合は公園や幼稚園、保育園などで知り合うことからママ友となっている。ママ友の間では様々なトラブルが発生しており、それがママ友地獄などと呼ばれていることがある。またママ友の間でも夫がどのような職業であり、どれだけの収入であるかやどのような家庭環境であるか、などを基としてママ友の間で格差(ママカースト)が発生している。特に中心となる人物は、「ボスママ」と呼ばれ恐れられている。またママ友の間ではトラブルやいじめが発生するということが多いとのことであり、それらを防ぐためのマニュアルが多く出回っている。

(wikipediaより抜粋)





もうね、これを読んだけで、鬱になりそうだw



同世代のこれから子どもを産む友人などからも、やはり「不安」の声が多い。



正直、ブラジル人の私からすると、理解に苦しむ文化ですw


そもそも、ブラジルでは、”ママ友”というワードが存在しないし、そういう概念がない。


本当に、意味不明なのw


私はまだ子どもいないけど、100%言い切れる。



ママ友は入りませんw



補足しておくけど、子育ての大変さや楽しさをを誰かと分かち合いたいとか、自分から求めていくなら全然それでいいし、異論なしです。



むしろ、1人で抱え込まないで分かち合うべきだと思ってる。



たまたま、仲良くなった人が同級生のお母さんなら、全然いい。



でも、私はこう考える。



その人は友達であって、ママ友という分類にする必要ない。



そもそも、すぐ人間関係をカテゴライズしようとするのは、日本人の悪いところw



カテゴライズしなくていいのw



そこに大した目的がなく、「お付き合いだから」という理由で、そこにエネルギー使って、悩むのはバカげている。



ここで私が問いかけたいのは、無駄に気を使って、悩むぐらいなら、その人間関係は本当に必要?ってこと。



人間関係で悩んでいるとき、まず考えるべきことは、そこです。



例えば、親や兄弟、家族、切っても切れない縁でしょう。



誰にとっても家族は大切な存在だし、できるなら良好な関係でいたい。だから問題あるなら、解決しようとするのは当然。悩むよね。



でもね、そこまで必要じゃない人間関係にエネルギーを費やす必要はあるの?



無駄に気を使って、そこに合わせる必要あるの?



私は、つき合いたくない人とは極力、関わらないようにしてます。



表面上のお付き合いだからという理由で、行きたくない集まりには行きません。



以前は、空気を読んで、行ってましたが、得ること何一つない。



まず、

・愚痴
・自慢
・言い訳



この3つが会話の中心の人とは、正直関わりたくないから、そういう場は避けます。



こういう人は自分自信の時間だけでなく、人の時間も無駄にしているんだよね。



だって、正直、どうでもいいww



愚痴・自慢・言い訳なんて相手にとってその話は本当にどうでもいい。



誰のためにもならない。



時々弱音を吐いたり、愚痴吐き出すのもいいけど、それは信頼関係があってのこと。



そうでなければ、それは人の時間を奪ってると同じことになるから。



だから、私は極力、こういう人とは付き合わないことにしてる。



エネルギー奪われるのも、自己責任ですからね。



で、驚くぐらいに表面上の付き合いでつながる集まりって、この3つが会話の中心になること多い。



子どものために人間関係をそこで築こうと考えているならそれも思い込み。



だからね、考えれば考えるほど、ママ友というカテゴライズの人間関係はいらないとしか思えない。



もし、「母親」というつながりで、リアルの友達以外で、そのような場に足を踏み入れるとしたら、ちゃんと教育をテーマに取り上げて、ディズカッションやるとか、子育てで苦労しているお母さんのためになるような集まりを考える。



むしろ、本当にやりたい!



建設的ですよね。



何も、いつも真面目な話し合いじゃなきゃいけないとかではなく。私だって、映画とかイケメンについて語らせたら永遠と語れるし、くだらないことで笑いあうのも好きだしね。



同じ趣味の人たちと、永遠と語る会だって建設的よ。楽しいじゃん!”楽しい時間”は建設的です。



だったら、子育ての楽しさを語り合う会とかにしたらいいのだよ、本当に。



まぁ、とにかくママ友に限らず、あなたを悩ませる人間関係があるとしたら、まず、本当にそれは自分にとって必要なのか?を考えてみてください。



で、不要なら捨ててください。



楽になりますよ( ´ ▽ ` )ノ


物の断捨離も大事ですが、人間関係の断捨離も大事。シンプルに生きることがいいよ。


めんどうくさい人間関係から解放されましょうー!



じゃ、具体的にめんどうくさい人間関係をどう捨てるのか?


また、それでもどうしても避けて通れない場合は、ストレスためない上手な付き合い方とは?


私が培ってきた知恵袋から、いくつか提案はありますww



それは、また別のコラムでお届けいたしますね♡





いかがでしたでしょうか?




この記事に関する感想やご意見をぜひお寄せください。


あと、「ママ友」にまつわるエピゾードなどありましたら、それも教えてくださいね。



ご感想いただいた皆さま全員に、お返事をさせていただいております♡



ではでは、今日はこの辺で!


最後まで読んでいただきありがとうございました!


Related Entry

ホンネとタテマエ文化撲滅運動①女性の皆さん料理取り分け・お酒...