結婚生活は尊重より妥協が大事

こんにちは。Karoです♡


少し前に、友達に「結婚したことで諦めたことや不自由になったことあるのか?」ときかれたことがあります。


そういえば前はわたしも、そのことについて結構考えてた。


結婚したらあきらめなきゃいけないこと多いんじゃないかって。


時間的にも金銭的にも不自由になるだろうから、独身のうちやりたいことをやらなきゃな、とか。子どもできたら海外旅行できない、とか。だから、早く結婚したい願望もまったくなかった。


なんか、自分が不自由になることもそうだけど、相手の自由も奪うことになるのかなとも思っていた。だから、この質問する気持ちはめっちゃわかる!!って思ったの!


わたしなんか、どっちかというと、主婦とか奥さんキャラってより、なんかパックパーカーで旅してそうとか、よく言われてたし、自分でもそう思ってたw



余談だけどそもそも、結婚すること=「主婦」になるとも思っていません。
結婚しても、主婦にならなくてもいいもんね。最近、「主婦(夫)」という表現みません?



共働きで家事もキレイに分担されてれば、必ずしも女性が「主婦」とは限らない。


それは、自分たちで決めるべきことであるし、なんか結婚した突端から、
子どもはまだ?
夫にご飯ちゃんと作ってる?とか
という質問を何回されたことか!! 


夫ににご飯ちゃんと作ってる?を何回も質問されるとか、不思議なんだけどw
だって、どうでもよすぎるw


あ、それから、「奥さん」や「家内」や「主人」という表現も昭和チックで嫌いです。わたしは「夫」や「妻」を使います。


話をもどすと、結婚したことでわたしが不自由になったことあるのか?についてちょっと考えてみました。



結婚して不自由になったことはあるのか?



答えはね、ある!!


わたしの場合は、
・友達と遊ぶ時間が減った
・料理や家事にかける時間が増えた=その分時間が減った
・自分の意思だけでは決められないことができた
・住む場所を自分だけでは決められなくなった


まぁ、自分に使う時間が減ったというのが1番かな!



「結婚するとは、こういうことなのか・・・」遠目で呆然としたこともあったり、


自分が骨折したときなんて、本当に夫がわたしの足となって動いてくれたりしてたから、彼の時間がだいぶ削られたし、大変だったと思う。


家族ともなれば、他人事じゃなくなるというか。
他人だけど、軽く流せなかったりするし。
真剣に受け止めるし。

それだけ、エネルギーを使うということだから、
疲れることもあるし、めんどうくさいし。



でも、わたし思うんだけど、そんなもん当たり前な話じゃない?
そりゃ手放すものはあったよ。



でも、わたしは結婚してできなくなったことよりも、
できるようになったこと、得たものほうが大きいって思う。



悲しいものが半分になり、喜びが倍にとか
そんなきれいごとをいうつもりはありません。


ただ、単純に今まで自分とはまったく違うバックグランドを持った人と一緒に生活して、一緒にいろんな場所に出かけて、同じ景色を見たり、会話していると今まで自分には見えてなかったことが見えるようになった。世界広がったよね。


それが楽しい!


だから、もはや結婚したことで、「不自由になったこと」は気にしていないし、考えたりもしないかな。


それに、本当に自分がやりたいことなら、結婚してもやるはず。


結局、「諦める」選択を選んでいるの他の誰でもない自分自身がやっていることなので。


尊重じゃなくて妥協




結婚生活で大事なのは、「夫婦がお互いに尊重し合うこと」ってよくきくけど、この言葉はきれい過ぎる。


実際のところそんなの無理w
数日や1ヶ月ならできるかもしれないけど、ずっと尊重できないw


ちなみに、尊重と妥協の意味をgoogle先生によると、


尊重 → 価値あるもの、尊いものとして大切に扱うこと。
妥協 → 対立した事柄について、双方が譲り合って一致点を見いだし、おだやかに解決すること。


尊重じゃなくて、「お互いに妥協し合うこと」。


これこそ!秘訣なんじゃないかと。



妥協して、でもガマンはしないこと!


片方だけが、妥協しているとそれはガマンになっていくから、それもまた苦しい。


だから、わたしはここまでは妥協するから、あなたもここまではよろしくね。みたいな関係です。
わたしの場合は、すべてが平等です。夫だから、とか、妻だからとかない。



平等っていっても、女性の天分は「男性に愛されたい」、
男性は「女性に尽くしたい」だから、
女性のほうが、わがままなぐらいがちょうどいいんだよね。


わたし甘えるのヘタだから、そこマジで身につけたい!わがまま力!♡


まぁ、この話はまた今度かな!!


結婚生活のスタイル実験中なので、これでどこまでうまくいくのか!
また書きますー。


Karoより。

Related Entry

彼と結婚するべきか悩んでいるあなたへ