“主婦業”と”妻業”を区別できてますか?Karo的夫婦円満のコツ!

どうも〜Karoです!
 
 

夫にはこの写真の通りになってほしい!って思う今日この頃。


あ、写真は夫ですw

 

自由に高くジャンプして、好きなことをやって、力を存分に発揮していただきたい。

 
 
でも、夫もね、わたしより時々波がありまして、ちょっと気分がダウンしてしまうんだよね。まぁ、女性のほうが強いから、しょうがないけどw

 

だから、月2回、「サイゼリヤの会」という名の家族会議のようなものをやってます。なぜ、サイゼかというと、いろいろ試した結果、1番成功したんですね。 

 
 
私たち夫婦の共通趣味がグルメなので、いいお店行ってしまうと、お料理とお酒を楽しんでしまうのだ。本来の目的を忘れて。

 
 
なんかわからないけど、ガチトークできたのが、サイゼリヤww

 

この家族会議のわたしの役目は、とにかく夫の話を聞いて、夫のやる気を最大限に引き出すこと!!そう、完全に夫中心の会議!



振り返ると、柴田家の重要な決断はこの会議で決定されている。

 
 
この夫をやる気にさせること、わたしは自分にしかできない”妻業”だと思ってます。

 

ここで、わたしの中の”主婦業”と”妻業”の違いを明確にしておこう。

 
 
”主婦業”とは、家事をやったり、料理をしたり、家のことをやる人。まぁ、正直これは、家事代行でもつとまるので、妻じゃなくてもできること。自分じゃなくてもOK!



一方では、”妻業”は妻であるわたしにしかできないこと。



具体的には、夫のために、キレイであること、夫の話を聞いてあげること、夫のやる気を引き出すこと、妻として夫と一緒に過ごすことなどなど・・・・・わたしにしかできない。



もちろん、わたし以外で、話を聞いてもらうことはあるでしょうし、他の人からやる気パワーをもらうこともあるけど、やっぱりね、”妻”の影響って大きいんですよ、男性にとっては!


家事を完璧にやってても、妻がいつも文句ばっかりで笑顔じゃなかったら、そりゃ浮気の一つや二つしたくなるでしょうね。



だから、”妻”として、わたしが幸せであることが、必須!とわたしは思ってます♡ここは絶対外せない!



この妻業をサボると、男性は別の場所でそれを探しに行ってしまうから、だから浮気したりするんだろうなって思う、→カロ論w



カロポリシー!!主婦業はサボっても、妻業は絶対サボらない!!



だから、わたしは自分の幸せ、自分が満たされていること、自己実現すごくを大事にしているのだけど、そうすればね、夫の分も考えられちゃうんですね。



自分の自己実現の次に大事なのは、夫の自己実現なので!!ここセットだと思ってます!!




家族のために稼ぐ以上に、やりたいことをやってほしい。



だから、「やりたくないなら、仕事やめれば?」って平気で言いますwwかなり、軽いですねー。夫にびっくりされるもんね。



2人いれば、体は2つ、脳みそ2つ、餓死しないでしょ!って思うんだよねwここ、日本だし!!!



だから夫のやりたいこと、買いたいもの、あまり口出さないようにしてるねー。時々、とんでもないこと言い出すから、「明日まで待って」って言うけどw



それに夫は、どこ行っても、偉大な人になるって確信してるから、別にそこじゃなくても大丈夫でしょってなる。→ここ大事ですね。とにかく、世界が夫を諦めても、妻は夫を諦めないww
 


諦めたその時、離婚のタイミングかもしれません!そのぐらい、少なくともわたしは、信頼と尊敬を大事にしてる。愛だけで、この2つなしでは夫婦は成り立たないと思うんだよねー。まぁ、それは別の話になるから、今度の機会にw




そんな感じで、今日は、今月の2回目のサイゼリヤの会で、なんと夫が私がやっている、「なりたい自分になる人生脚本ワークショップ」を受けたいとのこと。



ワークショップのことはこちらの記事でどうぞ♡



 
 なので、カロ張り切っていこうと思います!!!



夫に対して、やったらどうなるのか?!


わたしもお楽しみですww
 


はい、そんな感じで、カロにとっての主婦業と妻業の違いについて書かせていただきました!いかがでしたでしょうか?



気楽にご感想などいただけると嬉しいです♡お返事は必ずさせていただいております( ´ ▽ ` )ノ

ご感想やメッセージを送る♡



最後まで、読んでいただきありがとうございます♡
 

Related Entry

置かれた場所じゃなくて、自分が選んだ場所で咲きなさい。映画「...

そもそも”自分らしい生き方”って何?って話。

ブログを始めたいと思っている人へ

「人と話すのが苦手」は克服できる!

彼と結婚するべきか悩んでいるあなたへ

イケダハヤトブログ「まだ、東京で消耗しているの?」が読まれる...